院長ブログ

ビタミンC誘導体のすぐれた美白効果

カテゴリ:美容について| 2009.02.25

ビタミンCは、皮膚に吸収されると美白作用・抗酸化作用のほか、ニキビ予防、コラーゲンの産生促進などすぐれた効果があります。 美白剤としては効き目はマイルドですが、顔全体に長期間安全に使用できるという長所があります。 通常ビ [...]

フォトRFのおすすめ

カテゴリ:美容について| 2009.02.21

フォトRF(アールエフ)のおすすめ e-light(イーライト)という機器を使ってパルスライト(フォトフェイシャルと同じ)と高周波(RF)の美肌治療を行っています。 以前からオーロラという名で 広く知られている機器の新し [...]

皮膚科医のすすめるサンスクリーン剤

カテゴリ:美容について| 2008.07.1

サンスクリーン剤はいまや単なる日焼けを予防するだけのものではなく、 長時間の紫外線によっておこるシワやシミという光老化を抑える役割があります。 ではどんなサンスクリーン剤がよいのでしょうか。高い効果、安全性、安定性、使い [...]

役に立つ紫外線の話

カテゴリ:治療について| 2008.06.24

紫外線が気になる季節を迎えます。 役に立つ紫外線の知識を ちょっと増やしてください。 地表に届く太陽光のなかで紫外線は6%、可視光線は52%、赤外線は42%をしめます。 その紫外線うち、B紫外線(UVB)は0,2%で、A [...]

口唇ヘルペス(いわゆる熱の華)について

カテゴリ:治療について| 2007.12.14

小さな水ぶくれがくちびるやその周辺にできる病気で、ほとんどが単純ヘルペスウイルスI型が原因です。熱をだした後にでやすいので、熱の華や風邪の華と呼ばれていますが 風邪以外にも体の抵抗力低下が誘引になります。 [原因]皮膚や [...]

ドライスキンと皮脂欠乏性湿疹

カテゴリ:治療について| 2007.11.15

冬、特に高齢者に、すねや腰などがかさかさしてかゆくなることがあります。 原因の大部分は(ドライスキン)です。 ひどくなると波状、網目状のひび割れや亀の甲羅状の赤い湿疹(皮脂欠乏性湿疹)ができて どんどんかゆみが強くなりま [...]

創傷の閉鎖療法(湿潤療法)

カテゴリ:治療について| 2007.01.30

いままで”傷は乾かしたほうが早く治る”という考え方が一般的でしたが、 最近になって”乾かすと治りにくい”、”湿った状態のほうが早く治る” という考え(moist wound [...]

アトピー性皮膚炎のかゆみ過敏について

カテゴリ:治療について| 2006.12.13

アトピー性皮膚炎では通常ではかゆみを起こさないような 出来事(刺激)でもかゆみを感じてしまう”かゆみ過敏症”にあります。たとえば、自分の髪の毛、服のタグ、ニット製品が触れるなどでも強いかゆみを感じます。機械的刺激だけでは [...]

男性型脱毛症(AGA)治療薬・プロペシア

カテゴリ:治療について| 2006.03.15

雑誌などメディアを通じて話題になっているいわゆる若禿げの内服薬です。 [男性型脱毛(AGA:Angrogenetic Alopecia)とは] 1.思春期以降の男性で 2.特定の遺伝的背景を持つ人に 3.前頭部から頭頂部 [...]

くちびるの荒れ(口唇炎)

カテゴリ:治療について| 2006.01.26

くちびる(口唇)がかさかさする、かゆい、ぴりぴりする、皮がめくれるなどは冬場に特によくみられるトラブルです。口唇は皮膚と違って、角層が薄く皮脂膜がないので表面から水分が失われやすく、荒れやすい部分です。口唇は他の人からの [...]

マンゴー皮膚炎 ―マンゴーによる接触皮膚炎―

カテゴリ:治療について| 2005.10.25

マンゴープリン、マンゴーヨーグルト、マンゴージュース、もちろんマンゴーそのままスライス、今ブームです。ベータカロテンとビタミンC、食物繊維が豊富で香り高く甘みと酸味がバランスよく・・人気の秘密がわかるような気がします。し [...]

爪白癬の治療 ―いわゆる爪水虫―

カテゴリ:治療について| 2005.10.25

爪白癬は爪に白癬菌(皮膚糸状菌)というカビの一種が寄生して起こる病気です。白癬菌は皮膚や爪を作っているケラチン組織に寄生します。白癬菌が寄生して病変を起こした部位によって頭部白癬(しらくも)、体部白癬(ぜにたむし)、股部 [...]

頭じらみの話

カテゴリ:治療について| 2005.10.24

頭じらみは人の毛髪(頭、まれに睫毛や眉毛)に寄生して、人から人へうつる昆虫です。最近では保育所、幼稚園、小学校など集団生活の場で発生します。【虫と卵】 成虫は大きさ2-4mmの白色から灰褐色をした虫で動いていることが多い [...]

しみの話I -ハイドロキノンによる治療―

カテゴリ:美容について| 2005.10.23

しみの外用治療としてハイドロキノンは最強の美白剤です。ハイドロキノンはメラニン色素産生酵素のチロジナーゼ活性をおさえる働きがあり、外用美白剤の中では最も効き目が期待できます。 しみとは後天的に限局的にメラニン色素が増加し [...]

ヘアダイ皮膚炎とヘナ

カテゴリ:治療について| 2005.10.19

 ヘアダイ(白髪染め、ヘアカラーを含む)の後、頭皮や顔、耳が赤くなったり、水疱や丘疹(ブツブツ)が出ることがあります。症状の強い人では浸出液(皮膚からにじみ出る液)が出て痒くてたまらなくなります。これは、酸化染毛剤による [...]

水いぼ(伝染性軟属腫)について

カテゴリ:治療について| 2005.10.17

ウイルス性の皮膚感染症で、主に幼少児が罹患し、水のような光沢がある円形やドーム状のいぼができます。通常、数週間から数年で自然に治る病気です。 【感染経路】 1.直接接触 2.タオルや物を介して間接的 3.掻くことなどによ [...]

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:072-720-7474

診療時間
9:30〜12:30(月・火・水・金・土)
16:00〜18:00(月・火・水・金)
休診日
木曜、土曜午後、日曜・祝日